★ひとクラス7名以下の「一斉授業」

高2以下は学校ごとにクラスを分けて日々の授業をします。理由はカンタン。学校ごとに単元もテスト期間もバラバラなためです。学校別のクラス編成でなければ効果は半減します。一例として2021年11月下旬の高1定期テスト期間と範囲を載せます。

立命館慶祥SP(11/19~11/24)

数II:三角関数、指数関数

数B:数列前半(シグマ計算の手前まで)

北嶺(11/30~12/2)

数B:平面ベクトルの「6.ベクトルと図形」から「空間ベクトル」

札幌南高(11/25~11/30)

数I:三角比、データの分析

数A:図形の性質、確率後半

 

これだけ違うのですから一つにまとめたクラスでは無駄が多すぎます。また日頃から勉強のペース作りを正しく構築していれば、定期テスト前に対象範囲の準備なんて済みます。毎回です。ただしこんなのは基本。もちろん当塾では一度全て解説が終わっています。定期テスト前に各自で2回は解き直しをしてください。それが日々の宿題です。

「一斉授業」について

毎週決まった曜日、日時に月4回授業を行ないます。

中3~高2は学校別の定期テスト対策です。定期テストでアップアップしているようでは高3で余裕を持った「入試対策」に入れません(基礎の確認に追われ失敗するパターンに入り込みます)。そのため高2までは学年上位を目指し、各学校の進度に合わせ対策します。それができてこそ「現役合格」の可能性が上昇します。まずは日々の成績、校内順位が大事。なお​札幌北高は学校の進度が遅いので、南高のカリキュラムで『4Step数学』を進めます。

高3、既卒生は大学入試対策。東大、京大、一橋や地方国公立大学医学科、理工学部の合格を目指しクラス別に合格ノウハウを伝えます。

​なお北嶺、立命館慶祥の中1、中2、および立命館慶祥高校H組は進度の都合上「一斉授業」はありません。「個別指導」のみとなります。

中学生クラス

北嶺中3数学      立命館中3SP数学

高校生クラス(高2までは学校別、学年別クラス。高3は志望別クラス)

北嶺高1数学      北嶺高2数学

立命館高1SP数学   立命館高2SP数学

南高高1数学      南高高2数学       高2文系数学

高2物理        高2化学

医進・難関大高3数学

東大・京大高3数学   東大・京大高3文系数学  北大高3理系数学

医進・難関大高3物理  医進・難関大高3化学

既卒生クラス

医進・難関大数学    東大・京大数学      東大・京大文系数学

医進・難関大物理    医進・難関大化学

​※年度によって未開講のクラスがあります

★本人の理解度に合わせる完全1対1「個別指導」

講師1名が生徒2人以上を同時に担当する形式を当塾では個別指導と呼びません。また「個別だから人件費の安い学生バイトに任せる」こともしません。当塾は塾長が生徒1人を本人の理解度、学力、志望に合わせ指導する完全「1対1」個別指導です。空き時間帯の中で希望の曜日、時間帯が選べます。原則毎月4回。授業内容は本人の希望に合わせます。

時間割の都合上、下記の学校の方を募集しています

中学生:北嶺、立命館慶祥立命館慶祥SP

高校生:北嶺、立命館慶祥立命館慶祥SP、札幌南高、札幌北高

既卒生:すべての高校卒業生